メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

ふるさと納税、曲がり角 意図と実態、かけ離れ 「返礼率3割」は形骸化

 創設10年目のふるさと納税はこの1年、そのあり方をめぐる議論が続いた。肉や魚介類、工芸品など特色ある返礼品で増収を重ねる自治体が注目される一方で、返礼割合の高い商品券や、高額の家電製品など「ふるさと支援」との関係が疑問視される返礼品が次々問題になった。利用者が多い都市部の自治体では、税収減が無視できない規模にふくらみ、自治体間のカネの奪い合いの構図も強まった。納税期限のため、最も寄付が集中する大みそか。制度の現状と課題を検証した。【篠崎真理子、宮坂一則、渡辺豊】

 「まさにこれこそがふるさと納税」。今年9月21日、北海道上士幌町を訪れた野田聖子総務相は胸を張った…

この記事は有料記事です。

残り1788文字(全文2072文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピエール瀧容疑者に薬物譲渡疑い、通訳業の女を逮捕
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. 紀平猛追及ばず4位 ザギトワが優勝 フィギュア世界選手権
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. 「王子様」改名 キラキラネームなぜ? 鎌倉時代でも問題視

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです