メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/149 第4章 29=高村薫 多田和博・挿画監修

 息子のハイツでは寝ることもできず、浅井隆夫は雑誌とパソコンしかない仮住まいのような部屋で当てもなくスマホの画面をスクロールし続ける。午前零時の戸外は依然雨の音しかない。いつの間にか人間の暮らしの退いた住宅地はゾンビの潜む廃墟になり、瞼(はいきょ    まぶた)が落ちかけた眼(め)の奥では、青白い液晶画面にオーブが飛び始めて何かの夢に誘われ、ハッとして眼をこする。

 そうだ、どこかをほっつき歩いている忍に、親が来たことを知らせるのも手か。やっと一つ思い至って、眼に…

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文957文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. 仏国鉄スト 国民、生活の不便さ許容 「闘争」見守る
  3. ねこ駅長 「ニャー」就任で観光客5倍に JR豊後竹田駅
  4. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  5. 将棋 「楽しそうに勉強」藤井七段に驚き 師匠・杉本七段

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]