メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米原子力空母

入港「エンプラ闘争」来月50年 ベトナムから北朝鮮へ 続く長崎・佐世保「前線化」

 米海軍の原子力空母「エンタープライズ」が長崎県佐世保市の佐世保港に入港して来月で50年になる。当時は原子力空母の国内初入港で、抗議する学生たちと機動隊が激しく衝突した。北朝鮮情勢の緊張が高まる中、佐世保は米海軍の前線基地として重要性を増す。「エンプラ闘争」から半世紀。反戦を訴える佐世保でのデモは続いており、来月で600回を数える。【浅野孝仁】

 エンタープライズは1961年に就役した世界初の原子力空母。ベトナム戦争では艦載機が北爆に加わり、佐…

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです