#東北でよかった

旅する/1 土偶の「ハテナ」 神秘、縄文ロマン(その1)

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
縄文時代後期に作られた「腕組みする土偶」=弘前大で
縄文時代後期に作られた「腕組みする土偶」=弘前大で

 「土偶女子」という言葉が生まれるなど、いま「縄文ブーム」だ。約1万5000年前から1万年以上も続いたその時代。人々は不思議な土の人形をいくつも生み出した。頬杖(ほおづえ)をついたり、腕組みをしたり。その仕草や表情の豊かさには誰もが魅せられる。だが、いったい何のために作られたのか。本当のところは謎に包まれている。大規模集落「三内丸山遺跡」など約3400カ所もの史跡がある青森県は縄文文化の宝庫。時空を超えた神秘の世界を巡る旅が待っている。【北山夏帆】

この記事は有料記事です。

残り1341文字(全文1567文字)

あわせて読みたい

ニュース特集