メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#東北でよかった

旅する/1 発想で勝負 人を呼び込め(その1) 「和風」にグランピング かかしの一本足 かえるのあぐら

古き良き部分は残しながら、おしゃれな空間に改修された築170年の古民家=柴田町入間田で鈴木一也撮影

 東日本大震災後の観光客減から立ち直りつつある東北。他にないユニークな取り組みで人を呼び込み、地域を元気にしようと奮闘する人たちが各地にいる。そして東北にはまだまだ知られざる注目スポットもたくさんある。連載シリーズ「東北でよかった」。2018年は「旅する」をテーマにスタートします。【鈴木一也】

 県南部の柴田町。緑豊かな山あいを車で進むと、田んぼの中に1軒の古民家が見えてきた。室内に一歩足を踏み入れると、古風な家具やいろりと一緒におしゃれな照明器具も並ぶ、何とも不思議な空間が目の前に広がる。

 「素人ばかりでしたが、近所の方々も手伝ってくれて何とかなりました」。一般社団法人「かかしの一本足 …

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1197文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  3. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見
  4. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]