メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

挑む・いばらき農業新時代

/1 コメ新品種 実り多き1年へ 難局を切り開け(その1) 温暖化による劣化防げ /茨城

炊きたてのふくまるを差し出す井土さん

 茨城は農業産出額で北海道に次いで2位(2016年)の農業県だ。首都圏のスーパーマーケットは茨城産の農作物であふれかえっている。しかし安穏としてはいられない。農家の高齢化に伴う担い手不足や国内市場の縮小など厳しさを増す国内情勢に加え、高まる輸入圧力や地球温暖化といった外的課題も次々と降りかかる。この難局の中、技術開発や海外輸出などに活路を求め、いばらき農業の新時代を切り開こうと挑む人々の姿を追った。【大場あい、山下智恵、玉腰美那子】

この記事は有料記事です。

残り1814文字(全文2032文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見
  2. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  4. おやつカンパニー ベビースターラーメンアイス29日発売
  5. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]