メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

犬と人の物語

2018年戌年/1 一緒だよ、そばにいる 深い絆のパートナー 菊水健史教授に聞く /神奈川

菊水健史教授。右は愛犬ケビンクルトくん=相模原市中央区の麻布大で、宇多川はるか撮影

 犬など動物の感情について調べている研究室が、相模原市中央区の麻布大にある。担当する菊水健史教授(動物行動学)は犬と飼い主の絆の形成を科学的に検証する研究に参加し、2015年に米科学誌サイエンスに研究結果を発表。国内外で大きな反響を呼んだ。「犬研究」の最前線を行く菊水教授に、犬とヒトの関係について聞いた。

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1005文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  5. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです