メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

干支に猫年なぜないの? 昔話では「ネズミのせい」 発祥の中国では身近でなく=回答・棚部秀行

気持ちよさそうに眠る猫

 なるほドリ 戌(いぬ)年が始まったね。犬の年があるのにどうして猫の年はないんだろう?

 記者 ある昔話では、神様が元日に動物を集めたとき、ネズミが猫に間違った日付(1月2日)を教えたのが原因といわれています。猫は間に合わず、12の干支(えと)の動物に入ることができなかったというわけです。ネズミは乗ってきた牛の背から神様の直前で飛び降り1着。以降順に全12の動物たちが名を連ねました。翌日到着した猫は、怒ってその後もネズミを追いかけ回している、というお話になっています。

 Q そもそも動物の干支はいつごろから使われているの?

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文830文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. 「反社会的勢力を排除」吉本が異例の「決意表明」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです