メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/150 第4章 30=高村薫 多田和博・挿画監修

 【あらすじ】池袋で殺害された上田朱美は十二年前の未解決事件に関わっていた。警察の再捜査が始まり、当時の被害者栂野節子の周辺人物の中に浅井忍の名が浮上する。かつての捜査責任者合田の元同僚浅井隆夫の息子だった。その忍が合田と接触を図ろうとしている。

 小平西高の門扉の一部。校庭の錆(さ)びたゴールポスト。電柱の貼り紙。ゲーセンのプリクラ。UFOキャッチャー。JRの高架下。凧(たこ)。犬。通行人の後ろ姿。駐輪場の自転車。路地の縁台。ドラム缶。西武新宿線の電車。小平駅前のケンタッキーの看板。まるで忍の頭の中身のように、何を撮りたかったのか分からない散漫なスナップが次々に現れる。行きずりの事物に眼(め)が留まると同時にカメラを向け、一体化しようとしてはじかれた先にはまた別の事物がある、その繰り返しだ。

 女子高生の写真が増えてくる。数十メートルも離れたところから撮られた少女たちは、目鼻立ちも特定できず…

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文938文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 二宮金次郎像は、かつて小学校校庭の…
  2. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  3. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  4. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  5. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです