メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝

きょう号砲 上州路から世界へ

開会式で選手宣誓をする、旭化成の市田孝=渡部直樹撮影

 元日に前橋市の群馬県庁を発着点に上州路を駆ける「ニューイヤー駅伝inぐんま 第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・群馬県共催)の開会式が31日、前橋市内であった。

 今季から2020年東京五輪のマラソン代表の選考がスタートしており、ニューイヤー駅伝の重みも増している。2連覇を狙う旭化成の市田孝は「上州路から世界を目指します」と選手宣誓した。

 全国6地区の予選を突破した37チームが出場し、7区間100・0キロのコースで争われる。今大会から最…

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文907文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです