メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

「核のボタン机上に」と金正恩氏

 【ソウル米村耕一】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は1日、国営報道機関を通じ、今年の国政方針である「新年の辞」を発表した。スーツ姿で演壇に立った金委員長は「米本土全域がわれわれの核攻撃の射程圏にあり、核のボタンが私の机の上に常にある」と米国を威嚇。一方で韓国に向けて「(2月開催の平昌冬季五輪に)代表団の派遣を含む必要な措置を取る用意がある」と述べ、韓国に対する「平和攻勢」で国際的孤立打開を図る姿勢も見せた。

 金委員長は演説で、核兵器・ミサイルが完成したことを改めて強調。そのうえで「米国が火遊びをすることのできないように押さえ込む強力な抑止力となった」とも述べ、こうした核抑止力により「米国は絶対に我が国を相手に戦争をしかけることはできない」と主張した。また、「核弾頭と弾道ミサイルを大量生産し、実戦配備に拍車をかけなければならない」とも強調した。

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文900文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです