メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

「核のボタン机上に」と金正恩氏

 【ソウル米村耕一】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は1日、国営報道機関を通じ、今年の国政方針である「新年の辞」を発表した。スーツ姿で演壇に立った金委員長は「米本土全域がわれわれの核攻撃の射程圏にあり、核のボタンが私の机の上に常にある」と米国を威嚇。一方で韓国に向けて「(2月開催の平昌冬季五輪に)代表団の派遣を含む必要な措置を取る用意がある」と述べ、韓国に対する「平和攻勢」で国際的孤立打開を図る姿勢も見せた。

 金委員長は演説で、核兵器・ミサイルが完成したことを改めて強調。そのうえで「米国が火遊びをすることのできないように押さえ込む強力な抑止力となった」とも述べ、こうした核抑止力により「米国は絶対に我が国を相手に戦争をしかけることはできない」と主張した。また、「核弾頭と弾道ミサイルを大量生産し、実戦配備に拍車をかけなければならない」とも強調した。

 金委員長の演説は、核・ミサイルの開発を継続する意志を改めて明確にすると同時に、自国民向けには「核開発によって、戦争の危機はなくなった」と訴え、経済制裁によって国内に核開発に対する不満が広がることを押さえ込み、むしろ今後は経済安定に注力できるとのメッセージを送る狙いだとみられる。

 また、韓国に対する「平和攻勢」では、平昌冬季五輪について「民族の地位を可視化する良い契機となる。大会の成功を心から祈る」と支援の姿勢を明確にし、さまざまな南北対話の可能性に言及。その一方で、「外国勢力との全ての軍事演習を止めなければならず、米国の核装備と侵略武力を引き入れる一切の行為を中止しなければならない」とも述べて、米国と距離を置くよう要求している。

 これに対して韓国大統領府の朴洙賢(パクスヒョン)報道官は、北朝鮮が平昌五輪への参加の意思や、そのための南北対話を提案してことについて「歓迎する」とのコメントを発表。朴報道官は「国際社会と緊密に協力して北朝鮮の核問題を平和的に解決する一方で、朝鮮半島内の問題については南北が膝をつき合わせて緊張緩和と平和定着に向けた解決策を探ることを願う」とも述べ、早期の南北対話の実現に強い期待感を示した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  4. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  5. 沖縄知事選 台風24号影響、一部で投票日繰り上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです