メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡地検

みかじめ料被害に給付金 工藤会上納

被害回復給付金支給制度に基づき800万円をゼネコン側に

 福岡県行橋市発注の工事を受注したゼネコンが2013年、特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)への地元対策費(みかじめ料)を含む4270万円を脅し取られた事件で、福岡地検が被害回復給付金支給制度に基づき800万円をゼネコン側に支払う支給開始決定をしたことが関係者への取材で分かった。決定は昨年11月29日付。制度が暴力団のみかじめ料被害者に適用されるのは極めて異例。

 関係者によると、ゼネコンは12年10月、行橋市発注の活性炭処理施設築造工事を3億8715万円で落札…

この記事は有料記事です。

残り768文字(全文1029文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. だんじり客に車突っ込み 酒気帯びで男逮捕 大阪・千早赤阪

  4. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  5. 台風19号、ボランティア本格化「本当に助かります」福島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです