スペースワールド

「月の石」 北九州で継続展示へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
継続展示が検討されている月の石。大きさはニワトリの卵ほど=北九州市八幡東区のスペースワールドで2017年12月31日、上入来尚撮影
継続展示が検討されている月の石。大きさはニワトリの卵ほど=北九州市八幡東区のスペースワールドで2017年12月31日、上入来尚撮影

所有権持つNASAと最終調整

 北九州市八幡東区のテーマパーク「スペースワールド」で常設展示されていた「月の石」について、市が地元の市立児童文化科学館(同区)で展示を継続する方向で所有権を持つ米航空宇宙局(NASA)と最終調整していることが、関係者への取材で分かった。

 国内で「月の石」を常設展示しているのは国立科学博物館(東京都台東区)とスペースワールドの2カ所で、市は閉園後も子供た…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文480文字)

あわせて読みたい

注目の特集