バレエ

米名門の監督退団へ セクハラ疑惑、本人は否定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ロサンゼルス長野宏美】米メディアは1日、米国バレエの名門ニューヨーク・シティー・バレエ団のピーター・マーティンス芸術監督(71)が退団を決めたと報じた。複数のダンサーらがマーティンス氏にセクハラや暴力行為を受けたと告発していた。本人は疑惑を否定したが、「混乱を終わらせるため」として退団の意向を伝えたという。

 米国ではハリウッドの大物プロデューサーのセクハラ報道をきっかけに告発や連帯の動きが広がっている。ハリウッドの女優やプロデューサー、法律家など300人は1日、セクハラと闘うプロジェクト「タイムズ・アップ(待ったなし)」を開始した。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文500文字)

あわせて読みたい

注目の特集