メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バレエ

米名門の監督退団へ セクハラ疑惑、本人は否定

 【ロサンゼルス長野宏美】米メディアは1日、米国バレエの名門ニューヨーク・シティー・バレエ団のピーター・マーティンス芸術監督(71)が退団を決めたと報じた。複数のダンサーらがマーティンス氏にセクハラや暴力行為を受けたと告発していた。本人は疑惑を否定したが、「混乱を終わらせるため」として退団の意向を伝えたという。

 米国ではハリウッドの大物プロデューサーのセクハラ報道をきっかけに告発や連帯の動きが広がっている。ハ…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文500文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです