メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バレエ

米名門の監督退団へ セクハラ疑惑、本人は否定

 【ロサンゼルス長野宏美】米メディアは1日、米国バレエの名門ニューヨーク・シティー・バレエ団のピーター・マーティンス芸術監督(71)が退団を決めたと報じた。複数のダンサーらがマーティンス氏にセクハラや暴力行為を受けたと告発していた。本人は疑惑を否定したが、「混乱を終わらせるため」として退団の意向を伝えたという。

 米国ではハリウッドの大物プロデューサーのセクハラ報道をきっかけに告発や連帯の動きが広がっている。ハ…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文500文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  3. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  4. 「群馬大医学部不合格は55歳の年齢」横浜68歳女性、公明正大な入試訴え
  5. 渋谷ハロウィーン逮捕、決め手は防犯カメラ捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです