メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バレエ

米名門の監督退団へ セクハラ疑惑、本人は否定

 【ロサンゼルス長野宏美】米メディアは1日、米国バレエの名門ニューヨーク・シティー・バレエ団のピーター・マーティンス芸術監督(71)が退団を決めたと報じた。複数のダンサーらがマーティンス氏にセクハラや暴力行為を受けたと告発していた。本人は疑惑を否定したが、「混乱を終わらせるため」として退団の意向を伝えたという。

 米国ではハリウッドの大物プロデューサーのセクハラ報道をきっかけに告発や連帯の動きが広がっている。ハ…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです