メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きらら397誕生30年

/2 品種開発にゴールなし 低コスト化、食味改善で競争 /北海道

上川農業試験場で行われる米の食味検査のために備えられた炊飯ジャー=比布町で、梅村直承撮影

 1987年12月、上川農業試験場で選抜された米の新品種「上育397号」(後の「きらら397」)を試験栽培した生産者が結果を報告する会議が開かれた。

 食味や耐倒伏性、収量について記載する欄に、「良」を示す二重丸が並ぶ。その後、文句なしで本格的に作付けされる奨励品種に決定した。開発を担当した元研究員の沼尾吉則さん(67)は「うれしかった。これで自分も一人前になれた」と胸をなで下ろしたという。

 栃木県出身の沼尾さんは北海道大に進学後、道産米を初めて口にして「まずいことに驚いた」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り1146文字(全文1391文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです