メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

3回戦 東海大仰星、積極トライ奏功 大阪桐蔭、組織力で撃破 /大阪

【東海大仰星-秋田工】前半23分、ゴール前のラックから東海大仰星がつなぎ、SO三村選手がトライ=東大阪市花園ラグビー場で、幾島健太郎撮影

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビーフットボール協会、全国高体連など主催)は1日、3回戦があった。大阪桐蔭は目黒学院(東京第1)の反撃を振り切り、31-15で勝ち上がった。東海大仰星は息詰まる攻防で秋田工(秋田)と27-27でノーサイドとなったが、トライ数で上回ったため、規定により準々決勝進出となった。準々決勝は3日にあり、東海大仰星は報徳学園(兵庫)と午後1時20分から、大阪桐蔭は国学院久我山(東京第2)と午後2時45分からいずれも第1グラウンドで対戦する。【加藤佑輔、礒野健一】

東海大仰星 27 17-6  27 秋田工

この記事は有料記事です。

残り881文字(全文1161文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 新型コロナ、都内で感染者68人確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです