メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

これまでもこれからも

「古都奈良の文化財」20年/1 東大寺 仏様への感謝忘れず /奈良

竹ぼうきを手に法華堂の入り口付近を掃除する松本行弘さん=奈良市雑司町の東大寺で、塩路佳子撮影

 外国人観光客の人気も高く、朝から晩まで人が絶えない東大寺(奈良市)。境内東の小高い場所にあるのが国宝・法華堂(三月堂)だ。その「堂守(どうもり)」として、お堂のさまざまな仕事を20年近く欠かさず続ける松本行弘さん(77)は「先人が守ってきたものを後世に受け継ぐのは私たちの責任」と言葉を強める。

 「務めさせていただくことへの感謝、一日の安全を祈念しています」。松本さんの一日は朝6時過ぎ、本尊の不空羂索(ふくうけんさく)観音(国宝)に手を合わせることから始まる。その仕事は建物の掃除や拝観者の受け付け、御朱印書きと多岐にわたり、慌ただしい。竹ぼうきを手にお堂の入り口付近を掃き、「鹿のふんも多いからね」とにっこり笑う。

 アパレル関係の会社を退職後、がんを患って休養していた1999年、知己のあった元東大寺別当の新藤晋海…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文917文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. WEB CARTOP 家族ならミニバンを選んどきゃ……は間違い! ミニバンを選んで後悔するパターン5つ
  4. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  5. 漫画で解説 日本の銃事情の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです