入来神舞

新年祝う 薩摩川内 /鹿児島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
夜のとばりの中、たいまつを持って演じた火神舞
夜のとばりの中、たいまつを持って演じた火神舞

 約700年の歴史を持つ薩摩川内市入来町の大宮神社に伝わる新年の伝統行事、入来神舞(かんめ)が1日、境内で奉納された。

 1日午前0時を迎えると、神職や氏子が神楽や剣(つるぎ)舞、巫女(みこ)舞や、五穀豊穣(ほうじょう)を祈って杵(きね)を手に行う杵舞といった独特な舞台を見せ、新年を祝う。

 戦時は中断したが、1958年に保存会が…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文377文字)

あわせて読みたい

ニュース特集