メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入来神舞

新年祝う 薩摩川内 /鹿児島

夜のとばりの中、たいまつを持って演じた火神舞

 約700年の歴史を持つ薩摩川内市入来町の大宮神社に伝わる新年の伝統行事、入来神舞(かんめ)が1日、境内で奉納された。

 1日午前0時を迎えると、神職や氏子が神楽や剣(つるぎ)舞、巫女(みこ)舞や、五穀豊穣(ほうじょう)を祈って杵(きね)を手に行う杵舞といった独特な舞台を見せ、新年を祝う。

 戦時は中断したが、1958年に保存会が…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文377文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

  5. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです