メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンの食卓

第1部 きょうのごはんは?/3 有機野菜、高くても消費拡大

収穫した有機栽培のカブの出荷準備をする有機農業専攻の生徒たち=埼玉県熊谷市の埼玉県農業大学校で

 2013年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された和食。欠かせない食材といえば野菜だが、日本人が口にする量は少しずつ減っている。

 農林水産省の食料需給表によると、戦後の1人1日当たり供給量は1968年度の340・4グラムがピーク。その後じわじわと減って90年度に300グラム台を割った。減少傾向は止まらず、ここ10年間は250グラム前後で推移し、推奨される摂取量の1日350グラムから遠ざかっている。サラダの1人1年当たり購入金額は10年ごろから急増しているが、生で十分な量を取ることは難しい。摂取不足を野菜ジュースで手軽に補う人もいる。

この記事は有料記事です。

残り2173文字(全文2453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです