メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/151 第4章 31=高村薫 多田和博・挿画監修

 雨は一日で上がり、土曜日の早朝、湿気を含んだ梅雨前の蒸し暑さが関東平野を包む。大宮の浅井隆夫は一睡もせずに息子のハイツで夜明けを迎えた後、古い携帯電話一台と充電器をポケットに入れて、勤め先の多磨霊園へ出かけてゆく。何があっても仕事を疎(おろそ)かにしない生真面目さだけが、いまは男の感情の暴発をかろうじて食い止めている。

 一方、息子の忍はネットカフェのブースにこもったまま、雨が上がったのも知らない。未明にいつの間にか寝…

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文953文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]