メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝

旭化成、新黄金時代へ

2区のキプヤティチ(左)から1位でたすきを受け取る旭化成の市田孝(右)=小川昌宏撮影

 連覇した名門が完全復活を印象づけた。群馬県で1日に行われた「ニューイヤー駅伝inぐんま 第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会」は、1946年の創部以来初の外国人選手を加えた旭化成が23回目の栄冠を手にした。1区の茂木がトップと10秒差の9位につけると、2区でキプヤティチが先頭に立ち、そのまま譲らなかった。3区・市田孝、5区・村山謙、6区・市田宏が区間賞だった。

 2位は過去最高タイのHonda、トヨタ自動車が3位、4位にトヨタ自動車九州、5位に富士通と続いた。(スタート時の気象条件=晴れ、気温5・7度、湿度53%、北西の風2・1メートル)

この記事は有料記事です。

残り2802文字(全文3074文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  2. 「僕たちは世界を変えることができない」 原作医師がパレスチナにマスクを送る理由

  3. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  4. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  5. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです