メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

AIと生きる/3(その2止) 通訳、銀行…先細る職域 新たな分野、夢つかむ

テックエキスパートの受講者は1年で3倍に増えた。通訳を目指していた大木彩さんは昨年、ここに連日通って新たなスキルを身につけ、エンジニアに転身した=東京都渋谷区で、小出洋平撮影

 

 会話の内容が分からない。プログラミング教室の初日、教室で買ったばかりの米アップル製ノートパソコンの電源を入れた大木彩さん(26)の周りで、1カ月早く入学した受講生らが教師に質問を重ねていた。でも、すぐに追いつけるはずだ。昨年5月、東京・渋谷の「テックエキスパート」。少し前まで英語の通訳を目指していた大木さんは、エンジニアを目指して新たな道を歩み始めた。

 京都大学在学中にスコットランドに留学し、好きな英語を使った仕事をしたいと思うようになった。卒業後、通訳の養成学校へ通った。2016年春、たまたまロボット研究で知られる大阪大の石黒浩教授の研究室を紹介され、主に事務を担当する研究室スタッフとして働き始めた。

この記事は有料記事です。

残り1615文字(全文1923文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  2. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  3. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  4. 大阪・吉村知事がうがい薬の使用呼び掛け、メーカー株価急騰

  5. ORICON NEWS シャア役・池田秀一、体調不良で『ガンプラ』特番のナレーション変更 アムロ役・古谷徹に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです