メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 「自分たちの漁場へ」 旗に夢を託し、7年ぶり出初め式 浪江・請戸漁港

震災後初めて請戸漁港で行われた出初め式で、大漁旗を掲げて沖に出る漁船=福島県浪江町で2日午前8時40分、小出洋平撮影

 東日本大震災の津波で被災し、東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が昨年3月まで続いた福島県浪江町の請戸(うけど)漁港で2日、大正時代から続く伝統の出初め式が7年ぶりに復活した。大漁旗をはためかせた漁船18隻に乗り込んだ漁師とその家族らは、港から約1キロ沖合で船をお神酒で清め、1年間の安全と豊漁、漁業の復興を祈った。

 請戸漁港は第1原発から約7キロ北にある。震災後、地元の相馬双葉漁協請戸地区に所属する漁船は、さらに…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文635文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  2. アメフット 日大と勘違い 日体大が非難や中傷浴び困惑
  3. 米朝首脳会談中止 トランプ氏から金正恩氏への書簡全文
  4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  5. 岩波書店 「広辞苑」10年ぶり改訂 担当者が明かす知られざる魅力

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]