メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 「自分たちの漁場へ」 旗に夢を託し、7年ぶり出初め式 浪江・請戸漁港

震災後初めて請戸漁港で行われた出初め式で、大漁旗を掲げて沖に出る漁船=福島県浪江町で2日午前8時40分、小出洋平撮影

 東日本大震災の津波で被災し、東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が昨年3月まで続いた福島県浪江町の請戸(うけど)漁港で2日、大正時代から続く伝統の出初め式が7年ぶりに復活した。大漁旗をはためかせた漁船18隻に乗り込んだ漁師とその家族らは、港から約1キロ沖合で船をお神酒で清め、1年間の安全と豊漁、漁業の復興を祈った。

 請戸漁港は第1原発から約7キロ北にある。震災後、地元の相馬双葉漁協請戸地区に所属する漁船は、さらに…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです