全国高校ラグビー

亡き教え子に誓う「前進」 惜敗、春日丘監督

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
選手に指示を出す中部大春日丘の宮地真監督=東大阪市花園ラグビー場で1日、平川義之撮影
選手に指示を出す中部大春日丘の宮地真監督=東大阪市花園ラグビー場で1日、平川義之撮影

 第97回全国高校ラグビー大会で、中部大春日丘(はるひがおか)(愛知県春日井市)を率いる宮地真監督(52)は15年前、教え子を練習中に亡くした。いったん辞意を固めた宮地監督は教え子の両親に慰留され、その後、強豪校に育て上げた。1日の3回戦は報徳学園(兵庫)に敗れたが、「再び花園の地を踏む」と誓う。

 2003年6月の練習試合中、1年生の青井陽祐(ようすけ)さん(当時15歳)がタックル後、地面に頭を打って帰らぬ人となった。応援中だった両親の目の前での死。宮地監督もショックを受けた。

 葬儀翌日、辞表を手に校長室に行くと両親がいた。「監督に何の責任もない。どうか花園に行って」。懇願する姿に「活躍で応える」と気持ちを改めた。

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文700文字)

あわせて読みたい

ニュース特集