メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡市動物園

新春福引大会 1等はヘビの抜け殻

1等商品のヘビの抜け殻を受け取る家族ら=福岡市中央区の市動物園で2018年1月2日、遠山和宏撮影

 福岡市中央区の市動物園で2日、恒例の新春福引大会があった。午前9時の開園前から長い列ができ、先着500人が抽選器を回して新年の運試しをした。

 1等賞品は幸運を呼ぶとされるビルマニシキヘビの抜け殻。2等の鹿の角や3等のクジャクの羽根、カレンダーなど動物園ならではの賞品が空くじなしで12等まで用意された。

 1等を当てた福岡県那珂川町の中古車販売業、高田直樹さん(32)一家は「戌(いぬ)年なのにヘビ? 気にしません。この勢いで会社の売り上げもアップしてほしい」。【遠山和宏】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
  3. 祇園祭 後祭の宵山始まる 24日の花傘巡行は猛暑で中止
  4. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  5. 西日本豪雨 真備の死者9割が自宅で 高齢で2階上がれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]