メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土木学会

聖橋を選奨土木遺産に認定 都内の橋6例目

土木学会の「選奨土木遺産」に認定された聖橋=東京都文京区で柳澤一男撮影

 神田川とJR御茶ノ水駅をまたぐ「聖橋」(東京都千代田、文京区)が、土木学会の「選奨土木遺産」に認定された。都内の橋では、清洲橋や永代橋などに続き6例目となる。

     聖橋は1927(昭和2)年、関東大震災からの「復興橋」として建設された。橋の全長は79.3メートルで、特徴的な神田川の上部のアーチ部分は36.3メートルの鉄骨コンクリート製。橋のデザインは、日本武道館や京都タワーの設計もした建築家、山田守氏(故人)が手掛けた。橋の南側にニコライ堂、北側に湯島聖堂があることから「聖橋」と名付けられたという。橋の上部には都道が通り、都が管理している。

     土木遺産は、社会や土木技術者へのアピール、まちづくりへの活用などを促すため、歴史的土木構造物の保存に役立つことを目的に認定されている。都建設局の担当者は「次の世代に引き継いでいけるよう(保存に)取り組んでいきたい」と話している。【柳澤一男】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
    2. 地震 大阪・震度6弱 渋滞し松井知事が災害会議を欠席
    3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
    5. ベッカム 日本VSコロンビア戦パブリックビューイングでお台場“降臨” 伝説のフリーキック披露 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]