土木学会

聖橋を選奨土木遺産に認定 都内の橋6例目

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
土木学会の「選奨土木遺産」に認定された聖橋=東京都文京区で柳澤一男撮影
土木学会の「選奨土木遺産」に認定された聖橋=東京都文京区で柳澤一男撮影

 神田川とJR御茶ノ水駅をまたぐ「聖橋」(東京都千代田、文京区)が、土木学会の「選奨土木遺産」に認定された。都内の橋では、清洲橋や永代橋などに続き6例目となる。

 聖橋は1927(昭和2)年、関東大震災からの「復興橋」として建設された。橋の全長は79.3メートルで、特徴的な神田川の上部のアーチ部分は36.3メートル…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

あわせて読みたい

注目の特集