メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和食

日本食、世界を席巻 訪日客増加が後押し

国産農林水産物の輸出額の推移

海外本食レストラン 店舗10年で5倍に

 日本の食が世界に広がっている。海外の日本食レストランは、この10年ほどの間に5倍に増加した。国産農林水産物・食品の輸出額は2016年までの4年間で1.7倍となり、4年連続で過去最高を更新。その勢いは衰えておらず、17年も過去最高を記録する見込み。日本と欧州連合(EU)が19年初めの発効を目指して経済連携協定(EPA)の締結に合意したのも日本食の海外普及を後押ししそうだ。一方、海外ではアレンジされた日本食も珍しくなく、本物の和食を知ってもらおうと奮闘する日本人も登場。世界を席巻する日本食ブームを巡る現状を追った。

 06年に約2.4万店だった海外の日本食レストランは、17年に約11.8万店と約5倍に増加した。15年からの2年間でも1.3倍に増えた。地域別に見ると最も多いのがアジア(約6万9300店)で、北米(約2万5300店)、欧州(約1万2200店)が続く。15年から17年の伸び率でみると中東が最も伸びており、17年は6割増の約950店。それに続くのが5割増の中南米(約4600店)とアジアだ。農林水産省は…

この記事は有料記事です。

残り851文字(全文1329文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

  2. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  3. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  4. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです