メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

成田山新勝寺

初詣にぎわう 三が日の人出全国2位

成田山新勝寺大本堂前に並ぶ大勢の初詣客=成田市の成田山新勝寺で2018年1月1日午前11時26分、近藤浩之撮影

 千葉県の成田山新勝寺は1日、大勢の初詣客でにぎわった。大本堂では、家族連れなどが新年の無事を祈って手を合わせた。

     妻、長女と次女の家族の計8人で参拝した流山市の会社員、丸本清志さん(63)は「約20年間、毎年参拝している。平穏な一年であるよう願った。あまり欲を出さず健やかに過ごせるのが一番」と笑顔で話した。

     新勝寺の昨年正月三が日の人出は、東京の明治神宮に次ぎ全国2位の311万人。同寺企画調整課は「御朱印や寺社巡りブームが幅広い世代に広がっており、今年は昨年を上回ると見込んでいる」と話す。【近藤浩之】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
    2. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
    3. 大山古墳 40メートル大きかった 築造当時、全長525メートル 宮内庁測量 周濠の水面下にも墳丘
    4. 歴史散歩・時の手枕 大山古墳(仁徳天皇陵、堺市堺区) 風格堂々 都会の森
    5. 強盗 現金5100万円奪われる 顔面に液体塗りつけられ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです