宮城・石巻

冬のもふもふネコ200匹 猫神まつる神社も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
警戒心がなくとても人懐っこいネコも多い=田代島で2017年12月13日午前9時58分、遠藤大志撮影
警戒心がなくとても人懐っこいネコも多い=田代島で2017年12月13日午前9時58分、遠藤大志撮影

田代島 宮城県石巻市

 ネコ、ネコ、ネコ--。至る所にモフモフの冬毛に覆われたネコの姿が見える。宮城県石巻市の田代島。周囲11キロほどの小さな島は「猫島」とも呼ばれ、現在も約200匹のネコが島民と共に暮らす。「ネコたちに会いたい」。12月中旬のある日、大のネコ好き記者は島を訪ねた。

 石巻港からフェリーに揺られること約40分。島の玄関口、仁斗田港に到着した。下船後に住宅街に入り、持参したキャットフードの袋をかばんから出そうとした瞬間、5、6匹のネコが近づいてきた。初対面であるはずの記者への警戒心はほとんどない。中には、抱いても嫌がらないネコもいる。

 地元住民によると、島のネコは白黒柄と黒柄の個体が多いという。過去に島外から持ち込まれたチンチラの系統で毛の長い「長毛種」も目立つ。ネコたちは港や住宅地など島内の各スポットにグループを形成。港を活動拠点にするグループは野性的な性格、住宅地にいるグループは友好的な性格のネコが多いという。かつては、気が小さくて愛嬌(あいきょう)のある「たれ耳ジャック」など全国的に有名な「スターネコ」も出た。

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文1091文字)

あわせて読みたい

注目の特集