メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

箱根駅伝

青学大が総合V 4年連続4回目

拳を握ってフィニッシュする青学大のアンカーの橋間貴弥=東京都千代田区で2018年1月3日、宮武祐希撮影

 第94回東京箱根間往復大学駅伝競走の最終日は3日、神奈川・箱根町から東京・大手町の5区間109.6キロの復路が行われ、往路2位だった青学大が逆転で4年連続4回目の総合優勝を果たした。総合4連覇は2002~05年の駒大以来で史上6校目。前日の往路と合わせた総合タイム(10区間217.1キロ)は10時間57分39秒で大会新記録。復路に限っても5時間28分34秒で、4年連続で制した。

 復路には21チーム(オープン参加の関東学生連合を含む)が参加。青学大は、往路トップの東洋大から36秒遅れで復路をスタートし、6区で小野田勇次(3年)が区間賞の走りで東洋大を逆転し、そのまま逃げ切った。東洋大が3年連続の総合2位、早大が昨年に続く同3位。【新井隆一】

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 革命叫べば逮捕、ならば無言で抵抗 香港人が訴える「目に見えない大切なこと」

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 鹿児島で新たに34人感染確認 クラスター発生の飲食店の客ら

  4. 国内初のワクチン治験 吉村大阪府知事「前のめりの政治主導」の危うさ

  5. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです