メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仙台初売り

百貨店や老舗商店など 早朝からにぎわう

茶箱を受け取る買い物客=仙台市青葉区で2018年1月2日午前7時0分、遠藤大志撮影

 新春の訪れを告げる「仙台初売り」が2日、市内の百貨店や老舗商店などで始まり、早朝から多くの買い物客でにぎわった。

     1万円以上の買い物で菓子や茶、電化製品などの景品が入った「茶箱」を先着100人に提供した同市青葉区の「お茶の井ケ田 一番町本店」では、開店の午前7時前から200人以上が並んだ。店の前では獅子舞が披露され、買い物客には茶や餅が振る舞われた。

     今年の一番乗りは愛知県蒲郡市の竹内義明さん(77)。12月27日午後から並んだといい、茶箱を受け取って「毎年来ているが、昨年は4着で残念な思いをした。今年はいい年になりそうです」と満面の笑みを見せた。【遠藤大志】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. Dr.北村が語る現代思春期 日本人の性器は特別? 包茎こそ自然なのです
    2. 寝屋川監禁死 インターホン電池抜かれたまま
    3. プロ野球 DeNAのラミレス監督、日本国籍取得へ
    4. 正月特集 関西新時代・2018 2025大阪万博? 吹くか夢呼ぶ風
    5. 綱の失墜 日馬富士暴行問題/下 重し消え、変節する白鵬 崩れる伝統・秩序

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]