メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
待ったなし

ベテラン親方の嘆き=武藤久

 暮れの26日に14日初日の初場所の番付が発表された。それぞれの部屋の若い衆が大きな手で器用に封筒に入れて年賀状代わりに配った番付が全国各地の相撲ファンの手に渡っただろう。

 その新番付から日馬富士のしこ名が消えた。稀勢の里が昇進して4横綱になった番付は1年も持たなかった。4人が千秋楽まで勢ぞろいした場所は一度もなく、豪華番付は今回も掛け声倒れに終わってしまった。

 いうまでもなく、昨年11月の九州場所中に発覚した不祥事の後遺症だ。「まったく嘆かわしい時代になった…

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文931文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

  2. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  3. 「ようこそ」韓国語で歓迎 北海道が観光需要回復に躍起

  4. 磯部温泉 安中市、「恋人の聖地」に 「結び処」を設置、カップル呼び込め /群馬

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです