メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「平和つくる産業 育てる」 「ピースウエポン運動」提唱、井上高志さんに聞く

LIFULLの井上高志社長=東京都千代田区で2017年12月1日午後3時47分、和田大典撮影

 この国で「世界を平和にする産業を育てたい」と行動する経営者がいる。武器産業ならぬ「ピースウエポン運動」を提唱しているのは、東証1部に上場し、不動産・住宅情報サイトを運営する「LIFULL」(ライフル)社長の井上高志さん。どう展開していくのか。【沢田石洋史】

 「私が経営する会社は『利他主義』をベースにしています。個人の目標としては、究極的には世界平和をつくりたいと思っています。どうしたら人類全てが自分らしく、幸せに生きていける社会になれるかと」

 東京・丸の内の「行幸(ぎょうこう)地下ギャラリー」で昨年10月、井上さんは文化人類学者の竹村真一・京都造形芸術大教授と「未開の未来」をテーマに対談した際、聴衆への自己紹介でこう述べた。抑制の利いた語り口だが、テニスプレーヤーの松岡修造さんと共通するような熱さがある。対談では人工知能(AI)など進化するテクノロジーが貧困や紛争を解決する可能性を示し、井上さんは次のように宣言した。

この記事は有料記事です。

残り2576文字(全文2991文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  2. ORICON NEWS 和田アキ子『アッコにおまかせ!』でギネス記録認定 生バラエティーの同一司会者最長34年357日

  3. 新型コロナ、感染しやすさに地域・民族差なし 遺伝子レベル分析 北大研究チーム

  4. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  5. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです