メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外愛媛文書 首相が否定「指摘の日会ったことない」
きらら397誕生30年

/3 さまざまな料理に活躍 栽培しやすく農家にも人気 /北海道

札幌市の料理店で出される「きらら397」を使ったリゾット=札幌市中央区で

 札幌市中央区・ススキノにある焼き鳥やワインの店「ヨルコワリ」。使う米はすべて「きらら397」で、リゾットや鍋物の締めに使うご飯として提供している。

 以前は主に「ななつぼし」だったが、店主の小割真樹さんが「ゆめぴりか」など数品種を試した結果、減農薬栽培の「きらら」が「びっくりするくらい味が良かった」ため、約1年前から使っている。

 「一般的に食味が良い米と言われているものは粘りが強過ぎて、リゾットなどでは使いにくい。きららは汎用…

この記事は有料記事です。

残り1231文字(全文1446文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 大阪重機事故 てんかんで事故歴 勤務先管理者の立件検討
  3. 皇室 両陛下の肖像画が完成 即位後は初、等身大
  4. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 市確認、本人は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]