メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きらら397誕生30年

/3 さまざまな料理に活躍 栽培しやすく農家にも人気 /北海道

札幌市の料理店で出される「きらら397」を使ったリゾット=札幌市中央区で

 札幌市中央区・ススキノにある焼き鳥やワインの店「ヨルコワリ」。使う米はすべて「きらら397」で、リゾットや鍋物の締めに使うご飯として提供している。

 以前は主に「ななつぼし」だったが、店主の小割真樹さんが「ゆめぴりか」など数品種を試した結果、減農薬栽培の「きらら」が「びっくりするくらい味が良かった」ため、約1年前から使っている。

 「一般的に食味が良い米と言われているものは粘りが強過ぎて、リゾットなどでは使いにくい。きららは汎用…

この記事は有料記事です。

残り1231文字(全文1446文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鍋に顔つけられた男性会見 加害者の社長に「罪をつぐなってほしい」
  2. 福島火災 火の海、住民絶句 夫の携帯に「熱いよ」
  3. 福島火災 7人目の遺体見つかる 子供4人含む一家か
  4. 日産会長逮捕 「日本人の陰謀」 仏経済紙が報道
  5. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです