メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

「のらくろ」の田河水泡コレクション 「滑稽」とは何か 町田で21日まで /東京

田河水泡が収集した風刺画や自筆原稿などを紹介する企画展=町田市立博物館で

 「のらくろ」で知られる漫画家、田河水泡(1899~1989年)が取り組んだ「滑稽(こっけい)」に関する研究を紹介する企画展「滑稽探索 田河水泡の研究とコレクション」が、田河が生前暮らしていた町田市本町田の市立博物館で開かれている。

 展覧会は、田河の著書「滑稽の研究」(講談社)が昨年、文庫化されたことに合わせて企画された。

 90歳で亡くなるまでの20年間を町田市で暮らした田河は、漫画を描くうちに「滑稽とは何か」を考えるよ…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文520文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  2. 米韓首脳会談 トランプ氏、米朝会談見送りの可能性言及
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か
  5. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]