メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平針運転免許試験場

県警、工事で駐車場閉鎖 今月から /愛知

 県警の平針運転免許試験場(名古屋市天白区)の建て替え工事に伴い、来場者用駐車場が今月から3年余りの間、閉鎖される。付近に地下鉄の駅などがなく、新年の業務が始まる4日から、名古屋市交通局は市営バスを増便して対応する。試験場周辺で違法駐車の多発などが予想されることから、県警は「路上駐車をしないで、バスなどの公共交通機関を使って来場して」と呼びかけている。

 1965年に運用が始まった試験場は、施設の老朽化が著しく、バリアフリー化などのため建て替え工事が今月から行われることになった。工事期間中も業務は継続されるが、駐車場は閉鎖される。新庁舎での業務開始は2020年4月、新駐車場のオープンは21年春となる予定だ。

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 持続化給付金の差し押さえ認めず 「事業継続支えるのが目的」 神戸地裁伊丹支部

  3. 企業の従業員向けバスを「市民の足」に 実証実験スタート 静岡・湖西

  4. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  5. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです