メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

着床不全

子宮遺伝子で移植時期分析 検査導入のクリニック、1割強妊娠 /大阪

 体外受精が成功しても妊娠に至らない「反復着床不全」の女性に、子宮の細胞の遺伝子の状態を調べて着床しやすい時期を分析する検査を導入したところ、1割強が妊娠したと、東京と大阪で不妊治療クリニックを運営する医療法人オーク会(大阪市)が明らかにした。同法人は「普及すれば、不妊に悩むカップルの一部が救われる可能性がある」としている。

 反復着床不全は、体外受精による受精卵を子宮に移しても、着床しない結果が繰り返される。同法人のクリニ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  2. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  3. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  4. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです