メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

着床不全

子宮遺伝子で移植時期分析 検査導入のクリニック、1割強妊娠 /大阪

 体外受精が成功しても妊娠に至らない「反復着床不全」の女性に、子宮の細胞の遺伝子の状態を調べて着床しやすい時期を分析する検査を導入したところ、1割強が妊娠したと、東京と大阪で不妊治療クリニックを運営する医療法人オーク会(大阪市)が明らかにした。同法人は「普及すれば、不妊に悩むカップルの一部が救われる可能性がある」としている。

 反復着床不全は、体外受精による受精卵を子宮に移しても、着床しない結果が繰り返される。同法人のクリニ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです