メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

成人式

一足早く 「いつか古里・平戸に恩返し」 /長崎

会場の外で写真を撮り合う新成人のグループ

 正月の帰省に合わせ、平戸市は3日、平戸文化センターで新春恒例の成人式を開いた。新成人404人のうち、男女347人が振り袖やスーツ姿で参列し、8日の「成人の日」より一足早く大人の仲間入りをした。

 黒田成彦市長が式辞で「これからは社会の一員として社会の発展のため貢献し、いつの日か平戸を盛り上げるために帰ってきてもらいたい」と述べた。

 新成人を代表して滋賀県から帰省中の大学2年生、山野礼真(まさちか)さん(20)が「目標を持ち、信念を曲げることなく真っすぐで筋の通った大人になりたい」とあいさつ。佐世保市内の専門学校生の満行(みつゆき)菜々美さん(20)は「感謝の気持ちを忘れず、ふるさと平戸に恩返しできるよう一歩ずつ進歩したい」と誓いの言葉を述べた。

この記事は有料記事です。

残り115文字(全文441文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 大音量で軍歌流し、競走馬の調教妨害疑い 政治団体代表ら逮捕 滋賀県警

  3. 大阪のIR誘致スケジュール見直しへ 事業者選定時期など 府と市

  4. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  5. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです