中国

北朝鮮支援、極秘計画か 米保守系報道 中国は完全否定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン高本耕太、北京・浦松丈二】米保守系ニュースサイトのワシントン・フリービーコンは2日、中国共産党指導部が北朝鮮に対し、新たな核実験の中止を条件にミサイル供与などの軍事支援や経済支援を拡大する計画を策定したと報じ、独自入手したとする共産党の「極秘文書」を併せて掲載した。報道に対し、中国外務省は「偽文書だ」と全面否定している。

 報道によると計画は昨年9月、北朝鮮による6回目の核実験を受けた国連安全保障理事会の制裁決議採択直後に決定された。同月15日付で共産党中央弁公庁から党中央対外連絡部に宛てられたとされる文書では、党中央委員会の決定として、北朝鮮を「西側の敵対勢力」から自国を守る「戦略的緩衝地域」と定義、地域安定化のために「金正恩政権の存続を保証する」としている。

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文751文字)

あわせて読みたい

注目の特集