メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
開かれた新聞委員会

2018 座談会(その1) 被害者報道、実名か匿名か

開かれた新聞委員会に臨む(左から)吉永みち子、池上彰、荻上チキ、鈴木秀美の各委員=東京都千代田区で

 神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件は、容疑者がツイッターを通じて被害者に接触したと見られ、ネット社会の盲点をあぶり出すと共に実名・匿名報道、自殺関連記事の扱い方などの問題を提起しました。インターネット社会も進む中、これからどのような報道を心がけたらよいでしょうか。今年の報道に期待することも含めて「開かれた新聞委員会」で議論しました。【司会は照山哲史「開かれた新聞委員会」事務局長、写真は丸山博】

この記事は有料記事です。

残り4063文字(全文4271文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  4. チャゲアス脱退のASKAさんコメント全文

  5. らっこ・アーティスト Chage でこぼこ道でも未来へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです