メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開かれた新聞委員会

2018 座談会(その1) 被害者報道、実名か匿名か

開かれた新聞委員会に臨む(左から)吉永みち子、池上彰、荻上チキ、鈴木秀美の各委員=東京都千代田区で

 神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件は、容疑者がツイッターを通じて被害者に接触したと見られ、ネット社会の盲点をあぶり出すと共に実名・匿名報道、自殺関連記事の扱い方などの問題を提起しました。インターネット社会も進む中、これからどのような報道を心がけたらよいでしょうか。今年の報道に期待することも含めて「開かれた新聞委員会」で議論しました。【司会は照山哲史「開かれた新聞委員会」事務局長、写真は丸山博】

この記事は有料記事です。

残り4063文字(全文4271文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  2. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  3. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 一日警察署長 交通ルール守ってね AKB48・永野さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです