メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンの食卓

第1部 きょうのごはんは?/4 果物離れ、健康志向で挽回

ミカンの消費拡大を目指して東大みかん愛好会が学園祭で開いた食べ比べイベントは大盛況=東京都目黒区の東大駒場キャンパスで

 11月下旬に東京大学駒場キャンパスで開かれた「駒場祭」。ミカンの食べ比べイベントで、順番待ちの列が廊下まで続いた。主催する「東大みかん愛好会」の学生が産地や味の特徴を説明し、来場者は6種類のミカンを食べて、品種を当てる。

 「これは三重県のミカンかな」「甘いね」と話しながら、熱心に食べ比べていた40~50代の女性4人グループ。子供のころは家で「箱買い」していたが、今は数個の袋入りしか買わないという。「コタツで食べるイメージだけどコタツがないし、家族みんなが食べるわけじゃないから」「他にもいろいろ果物があるし」。理由はさまざまだ。

 3代目の共同代表を務める3年生、水野秀哉さん(22)は以前、「果物はお菓子みたいなもの。買うくらい…

この記事は有料記事です。

残り1893文字(全文2210文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです