メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/152 第4章 32=高村薫 多田和博・挿画監修

 合田はこれまで何度も同じ場所に立ち、ガラスに映る自分の姿と背後の道路とその並びの家、さらにその先の野川公園の西門のつくる一幅の風景を眼(め)に焼き付けてきたが、いまはちょうどジョギングの男が一人、西門を入ってゆく姿がガラスに映っている。それに見入りながら、合田はその朝もまた、あらためて確信するのだ。事件前に浅井はこうして見るつもりのなかった何かを見たのではないか、と。またさらに、栂野節子もリビングのなかからそれを見ていたのかもしれない。そして、真弓や上田朱美も。

 もちろん、合田は十六歳の浅井忍が二台目の携帯電話を隠しもっていたことは知らない。今朝、まさにその携…

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文930文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]