メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球

侍ジャパン・稲葉篤紀監督、熱い気持ちで挑戦 3月にフル代表初招集 五輪へ、清宮らにも注目

記者の質問に答える野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督=東京都港区で2017年12月5日、藤井達也撮影

稲葉篤紀監督(45)

 2020年東京五輪での金メダル獲得の目標に向け、昨年就任した野球の日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督(45)が今年、本格的にチーム作りに着手する。3月には、年齢制限のないフル代表を初招集して臨むオーストラリア代表との強化試合2試合も予定されており、稲葉監督は「(18年は)いろいろなことに挑戦していく」と意気込んでいる。【構成・細谷拓海】

 --初陣となった昨年11月のアジアプロ野球チャンピオンシップは24歳以下の若手主体のチームで初優勝したが、「もっと勉強しないと」と自らに厳しい言葉も出た。

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1045文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. サッカーキング リュディガー、トッテナムファンの反応に失望「人種差別が勝利した」

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. 日本酒の化粧水、女子高生コラボ 菊正宗、共同でデザイン /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです