メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国土地理院

移動経路のGPSデータ、300万件 地図の登山道修正に活用 企業協力

登山経路のビッグデータ活用イメージ

 国土地理院(茨城県つくば市)は、登山者がスマートフォンや携帯型GPS(全地球測位システム)受信機で取得した移動経路の記録を活用し、古くなった「2万5000分の1地形図」など地形図の登山道の修正作業を始めた。地形図の修正に「ビッグデータ」を使うのは初めてで、大幅な省力化と、正確な作製が期待できる。

 地理院によると、地形図は空中写真や現地調査に基づいて作り、現在発行している全国各地の地形図は、昭和40年代までに作ったものが基礎になっている。その後、高速道の開通など変化に合わせて修正を重ねている。

 登山道については、新たにできたり、土砂災害で廃道になったりするほか、記載されている位置がそもそも間…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文647文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  3. 新商品 シーチキンとコンビーフが一つに 20日発売
  4. 夏の高校野球 日大三7年ぶりベスト4 下関国際を逆転
  5. 遺品整理 高額な追加料金、勝手に処分 トラブルにご用心

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです