メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

AIと生きる/4(その2止) 瞬時にケアプラン 故郷の苦境、アプリで救う

丸山浩司さん(右)は介護を一から学び、1年がかりでアプリの仕様を検討してきた。「謙虚で勉強熱心。だから人がついてくる」と、中元秀昭社長(左)も信頼を寄せる=札幌市北区で2017年12月15日、梅村直承撮影

 

 高齢化が進み、介護現場の人手不足は年々深刻化している。限られた担い手の負担を減らそうと、介護事業者のさくらコミュニティサービス(札幌市)は人工知能(AI)の活用に乗り出した。中心にいるのは、故郷にUターンして未知の世界に飛び込んだシステムエンジニア(SE)、丸山浩司さん(38)だ。

 昨年12月、さくら本社でAIを搭載する予定のアプリがパソコン上で起動する様子が披露された。未来に向けて戦略を語る中元秀昭社長(47)の隣で、丸山さんはため息をついた。完成まで、まだ一山も二山もある。安堵(あんど)の気持ちと不安が入り交じっていた。

 政府は介護現場への外国人受け入れを進める。業務の効率化と、言葉の壁を越えた技術の共有が課題になる。…

この記事は有料記事です。

残り1327文字(全文1645文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 愛知・小牧 隕石直撃、住宅の屋根壊す
  3. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  4. 滋賀・日野町事件 元受刑者の死後再審決定 大津地裁
  5. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです