メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスベスト

石綿患者の実態調査 救済制度見直し材料に 環境省

 環境省は、石綿健康被害救済法で認定した患者の療養生活などを把握するため初の大規模調査を始めた。中皮腫など石綿関連病は潜伏期間の長さや急激な進行から介護や医療ケアの難しさが指摘され、療養中の認定患者約1000人の体調や通院・介護の状況などを調べる。労災が適用されない環境暴露などの被害者を対象にした救済法施行から10年余りたち、将来の制度見直しの参考材料とする。

 調査は同省が制度の窓口である独立行政法人・環境再生保全機構に委託し、昨年7月現在の認定患者と一部の…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文456文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. ニホンヤマネ激減 少雪で安眠できず  清里・やまねミュージアム「保護を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです