連載

縮む日本の先に

都市部への人口流入の陰で、地方は深刻な過疎化と高齢化に直面している。財政赤字に苦しむ国の支援には限界があり、地方が目指す未来には不透明感が漂う。人口減と向き合う自治体や住民の思いを交えながら、地方が存続するための処方箋を探る。

連載一覧

縮む日本の先に

AIと生きる/4 会話ロボ、認知症防ぐ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2025年には団塊の世代が全て75歳以上の後期高齢者となり、認知症患者も増えていくと予想されている。発症すると根本的に治すことは難しいが、社会交流で知的な刺激を受けることが予防に役立つと分かってきた。元気に年を重ねるために、人工知能(AI)を使って予防の実現を目指す人たちがいる。

 年の瀬の東京・日本橋。超高層ビルの15階に入る理化学研究所革新知能統合研究センターに60~70代の男女10人が集まった。テーブルの上に、お地蔵さんのような高さ約30センチのロボットが置かれていた。

 壁に写真が映し出されると、ロボットは「テーマは日本橋で見つけた物です。話題提供1分、質疑応答2分でお願いします」と話し、鈴木晃さん(72)を話題提供者に指名した。鈴木さんが「日本橋を船から撮った写真です。橋を下から見られるのは魅力的ですね」と説明すると、他の参加者から「船は速いんですか」「寒かったんじゃない?」と質問が飛んだ。

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文1125文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集