メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西宮市長

政界引退表明 発言確認記者に「殺すぞ」

今村岳司氏=米山淳撮影

 兵庫県西宮市の今村岳司市長(45)は4日、庁内会議室での幹部向けの仕事始め式で「市長選には立候補いたしません。今後はいかなる政党や選挙にもかかわるつもりはない」と述べ、任期満了に伴い4月22日に投開票される同市長選に出馬せず、政界から引退すると表明した。

 また、式後、発言の確認を求めた読売新聞の男性記者に対し、今村市長は「殺すぞ」と言って取材を拒否した。市の関係者が明らかにした。

 今村市長は2014年4月の市長選で初当選。「偏向報道」と判断したら取材拒否すると発表したり、中高生向け行事で「中高生時代にたばこを吸った」などと発言して市議会から撤回を求められたが、拒否したりした。

 次期市長選を巡っては、元衆院議員の石井登志郎氏(46)、元副市長の本井敏雄氏(66)、兵庫県議の吉岡政和氏(43)の3人が立候補を表明している。

 読売新聞大阪本社広報宣伝部は「状況を把握したうえで、適切に対処します」としている。【生野由佳、田辺佑介】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アザラシ 「なぜこんな所に」秋田・能代の川
  2. プロ野球 村田「独立リーグでも」 巨人から戦力外--今の心境語る やっぱり野球が好き
  3. 傷害容疑 不必要に患者の歯削り損傷 歯科医師を逮捕
  4. 大リーグ イチロー、日本球界に復帰も 公式サイト伝える
  5. ビットコイン 100万円割れ 高値の半額、規制強化で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]