メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相撲協会

貴乃花親方の理事解任、初の決定 臨時評議員会

 大相撲の元横綱・日馬富士(33)による傷害事件で、日本相撲協会は4日、東京・両国国技館で臨時評議員会を開き、昨秋の巡業中に起きた事件の報告を巡業部長でありながら怠るなどした貴乃花親方(元横綱)の理事解任を全会一致で決めた。池坊保子議長(元副文部科学相)が同日午後、記者会見で発表した。理事の解任は初めて。

 貴乃花親方は役員待遇委員へ2階級降格になる。ただし、今月の初場所(14日初日、両国国技館)後に予定されている理事候補選挙には立候補できる。

この記事は有料記事です。

残り822文字(全文1045文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都にチクリ? 菅官房長官、コロナ再拡大は「東京問題」

  2. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  5. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです