メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮石油密輸

香港船所有会社「知らなかった」と弁明

 【台北・福岡静哉】香港船籍のタンカー「ライトハウス・ウィンモア号」が東シナ海で石油精製品を北朝鮮船に移し替えたとされる問題で、タンカー所有会社「ウィンモア・シッピング」(中国・広東省)の関係者は2日、「台湾企業に数カ月前、貸し出した」と認めたうえで、「北朝鮮との貿易に使われるとは知らなかった」と弁明した。香港紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」(電子版)の取材に答えた。

     タンカーを昨年11月に摘発した韓国政府当局の説明によると、同タンカーを借りたのは台湾に拠点を置く「ビリオンズ・バンカー・グループ」。台湾当局は「同社の法人登記はマーシャル諸島にあり、台湾人の関与については調査中」としている。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. クローズアップ2018 加計、幕引き遠く 柳瀬氏招致
    2. サッカー ハリル氏、協会提訴へ 名誉回復求め
    3. 弁護士 大量「懲戒請求」返り討ち 賠償請求や刑事告訴も
    4. 社説 柳瀬元秘書官の国会招致 「首相案件」の心証強めた
    5. サッカー ハリル氏、協会提訴へ 代表監督解任 名誉回復求め

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]